Zend Framework 1.5のインストール

intro
Zend Framework 1.5をインストールし、Official ZF QuickStartを途中まで実行してみます。ソースコードはこちらからダウンロードできます。

1.ダウンロード
Zend Frameworkのダウンロードサイトより1.5の最新版(08/4/1時点では1.5.1)をダウンロードします。
2.配置
ディレクトリ構成はQuick Startと同じです。

※1ダウンロードしたZend Frameworkを解凍し、libraryディレクトリをコピーします。
※2上の中でpublicは公開ディレクトリです。環境によってwwwとかpublic_htmlとかになります。applicationやlibraryディレクトリは非公開ディレクトリに配置してください。
3.Rewriteルールの設定
以下のようにpublic/.htaccessファイルを作成します。
4.index.phpの作成
以下のようにpublic/index.phpファイルを作成します。
5.bootstrap.phpの作成
以下のようにapplication/bootstrap.phpファイルを作成します。
6.コントローラの作成
以下のようにapplication/constorllers/IndexController.phpファイルを作成します。
7.ビューの作成
以下のようにapplication/views/scripts/index/index.phtmlファイルを作成します。

8.確認
Webサーバにアクセスし(例:http://localhost/)、Zend Framework MVC at your service!と表示さればインストールは完了です。
もし404やエラー画面になってしまった場合には、.htaccessファイルでのRewriteBaseの指定や絶対パスの指定を試してみてください。
次回
引き続きQuickStartを実行してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です